安否の番人の口コミや評判

公開日:2022/11/15  

安否の番人の画像

安否の番人(株式会社 日立産業制御ソリューションズ)
茨城本社:〒319-1221 茨城県日立市大みか町五丁目1番26号

地震や大雨などの異常気象が続く近年。災害が発生した場合、どのように事業を継続・早期再開するかは大きな課題です。安否の番人は、そんな災害対策で重要な社員の安否確認に役立ちます。この記事では、そんな安否の番人の特徴をわかりやすくご紹介。ぜひチェックしてみてください。

有事の際に社員とその家族の安否確認を支援

安否の番人を使えば、大規模災害やパンデミックなどが起きた際の社員とその家族の安否を確認できます。安否の番人とは日立産業制御ソリューションズが提供する安否確認サービスです。災害時に自動で安否確認メールを送ったり、社員が安否状況を登録したりできます。

感染症流行時の自宅にいる社員の健康状態を正確に把握し共有

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が続いている昨今。企業は社員の感染拡大防止対策を実施し、事業を継続・早期再開するための計画を立て、対策をしなければなりません。

そんなとき、社員の健康状態や罹患状況を正確に把握することが求められるでしょう。安否の番人なら災害時だけでなく、感染症流行時の社員の健康状態も確認できるため、便利です。

たとえば、(1)体温が37.5度以上か、(2)倦怠感があるか、(3)濃厚接触があったかなどの、社員の健康状態をチェックするための設問を設定し、その回答を集計することで、社員の感染状況を確認できたり、安否の番人を通じて勤務形態を指示できたりします。

この設問内容や回答の確認・集計は、組織・地域・プロジェクト単位などにわけて設定できるので、便利でしょう。

標準機能からオプション機能まで充実

安否の番人は標準機能からオプション機能まで充実しています。標準機能には、以下の8つの機能があります。1.自動発信、2.手動発信、3.応答機能、4.自主応答、5.代理応答、6.集計機能、7.対象者一括メンテナンス、8.連絡先(メールアドレス)登録です。

オプション機能には、以下の4つの機能があります。英語コンテンツ、家族安否確認、掲示板、人事データ自動連係です。それぞれ詳しくご紹介します。

7つの標準機能

1.自動発信

地震が起きたときや特別警報が発表されたときに、社員とその家族にメールやアプリを通じて自動的に発信されるものです。どれほどの震度で自動発信を実施するか、発信の内容・安否確認のアンケート内容を事前に設定できます。震度別に発信する内容を自由に設定できるため、便利でしょう。

2.手動発信

発言権をもつ管理者が設問・対象者を自由に設定して発信できる機能です。パソコンやスマートフォンから発信でき、日時指定の発信もできます。

3.応答機能

受信したメールに返信したり、応答用URLからアンケートに応えたりできるものです。個人IDやパスワードを入力することで、スマートフォンからでもパソコンからでも利用できます。

4.自主応答

旅行先や出張先で被災をした場合などに、社員から管理者へ自主的に安否状況を登録できる機能です。

5.代理応答

スマホをもち合わせていないなどして応答登録ができない社員の代わりに管理者が回答を一括登録できる機能です。

6.集計機能

管理者が権限範囲内の応答登録状況をまとめてチェックできる機能です。グループ集計・個人集計・居住地集計・勤務地集計・プロジェクト集計などのさまざまな枠で応答状況が確認できるので、便利でしょう。

7.対象者一括メンテナンス

管理者が個人やグループのマスタデータを出力し利用できる機能です。

8.連絡先(メールアドレス)登録

安否の番人からメールを受信するアドレスを簡単に登録できます。シンプルな操作手順で時間もかからないので、誰でも気軽にメールアドレスの登録ができるでしょう。

4つのオプション機能

・英語コンテンツ

メールの内容・集計・マスタ管理などの全画面において英語表示をサポートしています。とくに災害時や緊急時には、日本語よりも英語の方が対応しやすい社員もいるでしょう。外国人社員も安心して利用できるのはうれしいポイントです。

・家族安否確認

災害・危機発生時には安否情報についての応答状況を家族内で確認できます。

・掲示板

掲示板は大規模事業者向けのシングルテナント方式のオプション機能です。各種の連絡や通達を全社員で共有できる全車内共有掲示板と、社員・家族間で情報共有にご利用できる家族内共有掲示板とがあります。どちらもスマートフォンからもWebからも確認・作成・編集が可能です。

・人事データ自動連係

人事データ自動連係も大規模事業者向けのシングルテナント方式のオプション機能です。安否の番人と人事システムとの連係が可能で、その連係はセキュアな回線を利用して高度に暗号化されているため、安心して利用できるでしょう。

まとめ

ここでは、日立産業制御ソリューションズが提供する安否確認サービスである安否の番人をご紹介しました。安否の番人は、8つの標準機能と4つのオプション機能が用意されており、緊急時に使いやすいように設計されています。

自動発信・手動発信・応答登録などの基本的な機能はもちろん、家族内で安否確認の応答状況を確認できたり、全社員で利用できる掲示板があったりと、魅力的で特徴的な機能も用意されているのが特徴です。ぜひチェックしてみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

大きな震災などの災害時には電話での通信網は遮断され、従業員との連絡手段には不向きです。そんな非常時の連絡手段として取り入れられるようになったのが安否確認システムです。導入する必要性やメリット
続きを読む
企業のリスクマネジメントに不可欠なものとしてBCP対策があります。BCPとは事業継続計画のことで、自然災害や事故など、緊急事態に陥った場合に取る施策です。非常時でも事業継続できる体制を整える
続きを読む
日本では全国各地で大きな災害が起きており、多くの従業員が被災する可能性があります。そうなれば企業が事業を継続するうえで大きな支障をきたす場合もあるので、社員の安否確認が必要となりますが、そん
続きを読む